スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルの死に関して、疑惑の医師がコメント

マイケルのCDは、有名なものはどこも売り切れ状態ですね。

25日(日本時間26日)に死去したマイケル・ジャクソンさん(50)ですが、世界中のメディアはいまだに彼の死に関する話題で持ち切りです。

とくに騒動となっているのは、死因で、マイケル・ジャクソンさんの専属医師であり、ロサンゼルス市内の高級住宅街ベルエアーにあるマイケルさんの自宅に同居していたコンラッド・マーレーさん(51)に疑惑が持ち上がっています。

ロサンゼルス市警察は、マーレイさんに約3時間に及ぶ事情聴取をしましたが、死因につながる証拠は得られなかったということです。
市警の捜査関係者によると、マイケルさんがベッドの上で呼吸停止で発見される1時間ほど前にマーリー氏が麻薬性鎮痛剤「デメロール」を注射したという話も出ています。
マーレイさんは弁護士を通じてコメントを発表。
マイケルさんが就寝前に鎮痛剤が投与されたという件は「すべてウソだ」と強く否定しました。
また、発見したとき、マイケルさんの呼吸は止まっていたが、体は温かく、かすかに脈があったということで、すぐに蘇生を試みたそうですが、呼吸は戻らず、別の男性が救急車を呼んだということです。

マイケルさんの遺族たちは、「マーレイ氏に対して強い疑問を持っている。マイケルさんにどんな薬を、何回注射したのだろうか」と不信感をあらわにしました。

ロスアンゼルス検視局は、死因特定に向けて慎重に検査を進めていくようで、4週間~6週間程度かかると見られています。
著名な法医病理学者によりますと、薬物ダメージを調べるためにマイケルさんの脳を保存している可能性もあるそうです。

Yahoo!ニュースURL
生命保険の選び方は『3』で理解できます!
チアシード豆乳おからクッキー新発売
チアシード豆乳おからクッキー通販
スポンサーサイト

tag : マイケル・ジャクソン 疑惑の医師

プロフィール

ニュース感想発信中!

Author:ニュース感想発信中!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。