スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察も本腰?芸能界の覚せい剤蔓延問題

やれやれ!って感じですが、警察も本腰を入れ始めたのでしょうか?

芸能界で蔓延しているといわれる覚せい剤に警視庁が重い腰を上げました。
7日、警視庁と芸能事務所が加盟する業界団体などが薬物乱用根絶へ向けた意見交換会を開く方針を決定しました。
9日の会合には、行政側から警視庁と厚労省関東信越厚生局麻薬取締部、東京都の担当者が出席。一方芸能界側からは日本音楽事業者協会(音事協)など3団体。
所属アーティストの管理体制、薬物対策マニュアル作りなどの取り組みについて協議するようです。

覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴され、10月26日に初公判を迎える女優の酒井法子被告(38)ですが、新たな供述が明らかになりました。

「吸引用のストローはビニール袋にまとめて、コンビニのごみ箱などに捨てていた」というのです。

証拠となる品を処分するためにコンビニを利用するという手口は、もはや常習者のやり方であり、酒井被告が用意周到に覚せい剤を愛用していたことが浮き彫りになりました。

サンケイスポーツの取材によりますと、東京の南青山にある酒井被告の自宅マンション付近にあるコンビニは半径500メートル以内に7軒、1キロ以内に広げると24軒もあることがわかりました。
いったいどこのコンビニのゴミ箱を使っていたのでしょうか。

日本に限らず、海外でも薬物で逮捕される芸能人は多いです。
ドラッグカルチャーという言葉もあるくらいで、薬物がもたらす昂揚感が芸能活動のインスピレーションを与えるといわれています。
一方で覚せい剤は身体に害を与えることでも知られており、摂取しすぎるとショック死することもあります。

やはり、国民的なアイドルだった酒井法子が起こした事件の影響は本当に大きいのです。


Yahoo!ニュースURL
花粉症の予防…お役立ち情報
チアシード豆乳おからクッキー通販
自賠責保険学習ナビ
黒酢の効能は元気の源!
生命保険の選び方案内
いびきと無呼吸症候群の研究所
老人ホームの種類案内所
安価で買える寝具通販.com
エンタメンズ・サバイバル
家族サービスde生活サバイバル
ゴルフ練習メモ 恥ずかしながら公開中!
ゴルフはカラテで上手くなれ!
自営業者が悩む税理士との関係
スポンサーサイト

tag : ニュース感想 酒井法子 警察 警視庁 覚醒剤 芸能界

プロフィール

ニュース感想発信中!

Author:ニュース感想発信中!
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。